上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.18 ごぶさたです
ごぶさたな更新。

自分で仕事するようになって、やっと時間のリズムが定着してきました。
何度もブログ更新が頭をよぎっていたのですが、
なんかそれが重荷になってしまって、
仕事の事が多く生活の中に入ってきて、書きたい事もなかったので、
もう書きたくなるまで、ほったらかそうと開き直りました。

にしても、どうしても書きたくなったわけではないんですが。
ただ、秋の涼しさがただよう今日、少し文章が書きたくなったのかもしれません。

ツルちゃんとの生活は、相も変わらずだらだらとしております。

数か月前と何にも変わっておりません。

さてさて、今からうちのおばあさん犬たちをお風呂に入れます。
先日川にBBQに行ったので、ちょっと汚れてるだろうし。

ではまたできるだけ早く更新します。
スポンサーサイト
2014.06.20 Level up!
一ヵ月ほど前から実践しております。

だしをとる。

P1030035.jpg

実は30超えるまで、一度も出汁をとったことなかったんですよねー。

もっぱらほんだしを愛用しておりました。

やったこと無いなりに、だしの取り方ってカツオ節をドバーッといれて、なんかめんどくさそうだし、
経済的にもけっこうかかるんじゃない?というイメージがあって、
さらに、冷蔵庫で3日くらいで消費しなきゃいけないとなると、
味噌汁だって毎日つくるわけじゃないので、消費しきれるのかって問題もあって手を出さなかった出汁。

きっかけは、やっぱりツルちゃんの体調不良でしょう。
塩分の取りすぎも気になってたので、いきなり生活を全部変えるなんて無理だけど、
ちょっとずつでも、いいと思うことはやってみようと。
で、近所にあるカツオ節の専門店があるんです。そこでとりあえず200gほどを購入。だいたい500円くらいでした。
これで濃いめの出汁が10リットルくらいはとれるので、だいたい2人分の味噌汁40杯分くらいでしょうか。

経済的なコストだけを見ると、昆布も必要になるので、やっぱりほんだしのほうがコストダウンにはなるっぽい。

でもね、やってみて続けてみようって思いました。

全然料理の出来上がりの味が違うんです。

味噌汁も、明らかに今までと同じ量の味噌を使うと、味がしょっぱくなります。

和食の煮びたしを作る時も、やっぱり今までと同じ調味料の量だと、味が濃すぎる。

ナメてました。完全に出汁を。

なぜこんな最優秀調味料を、今まで無視してたんだろうと。

P1030037.jpg

もちろん、出汁取ってる暇がないときや、ちょっとだけ欲しいときとか、
臨機応変にほんだしは活用しておりますが、できるだけ続けていきたいなと。

料理、うまくなりたいと常々思っておりましたが、
アイテムを変えただけで、レベルアップした感じがします。

ゲームでいう序盤でゲットしておくべき「はがねのつるぎ」を使わず、いつまでも「どうのつるぎ」で頑張ってた感じ。

・・・・・・・・ちがうかーっ。 たとえが下手くそですが、

三十路女が、やっと出汁をとるということを覚えた。
遅いデビューだったからこそ、違いに感動したって話です。


ちなみに、今朝のギリシャ戦、引き分け残念。
今日はこの試合のため、お弁当はなしです(笑)
本日のツル弁。

P1030034.jpg
サラダ・だし巻き・アスパラのハム巻き・豚ロースのカレー照り焼き

今日は大阪はお天気良さそうです。
ここぞとばかりに、お洗濯しました。
最近、洗濯機の洗濯槽自体を洗いました。
市販の洗濯槽用の洗剤って、ぜーんぜん汚れとかカビが取れないらしいんですね。

一生懸命に購入してやってましたが、どうにも古いタオルとかのニオイが気になってたんです。
で、調べてみたら洗剤にも「塩素系」とか「酸素系」とかがあって、そこが重要みたいです。
で、酸素系の洗剤を使って、しっかり掃除して、さらに今までは漂白剤も液体を使用してたんですが、
粉末の漂白剤のほうが、断然強いらしいんですね。

で、気になってる古いタオルを全部まとめてつけ置き洗いをしたら、すっかりニオイがとれました。
柔軟剤のいい香りも際立って、満足です。

洗濯って、洗うのも干すのもけっこう好きなんですが、
たたむのが嫌いなんですよね。全部ハンガーで吊るせたら一番いいんですが、そうもいかないし。

でも、嫌いだからといって、適当にたたむ事は許せないし。
めんどくせー。と思いながら、干してはたたむ日々。

そしてツルちゃんは、クローゼットから綺麗にたたまれたTシャツを取り出し、
広げてみたはいいけれど、「なんか違う」と思ったようで、別のTシャツを着て出かけます。
クローゼットの前のソファーには、その落選したTシャツが、広げられたままポイとされてるのはよくある事。
これをたたみ直すのが、すんごい無駄な時間と労力な気がして、ため息がでますわ。
ま、そんなことはいちいち言いませんが。ここでだけ、ペッと愚痴を吐き捨てさせていただきます。

P1030026.jpg

こいつらがいますからね、洗濯前後のコロコロも欠かせませんわ。
犬飼いの宿命とはいえ、犬の毛だらけの服は、絶対にイヤー。
先日買ったカラーレーザープリンター。いい調子です。

若干高さがあるので、大きい感じはしますが、幅・奥行きはインクジェットと変わらないので、
机の上とかじゃなければ邪魔にはなりません。

インクジェットのプリンターの強みは、何より写真などのプリントが綺麗なところだと思いますが、
写真の現像は写真屋さんに依頼派のあたしには、一切必要なし。

プリンターは仕事で使うので、基本モノクロテキストが綺麗に印字されればOK。
なおかつ、印刷するときは、一気に500枚以上印刷する場合があるので、
あたしの求めるスペックは
・文字の印刷が綺麗。
・印刷スピードが速い。
・給紙トレイの容量が多い。
・ランニングコストが安い。
・初期費用も抑えたい。
これが希望するスペックでした。

一番気になってたのは、やはりインクのことで、
インクジェットはしばらく使用しないと、インクが固まってしまったりするそうで。

今回初めて知ったのは、CMYKといったカラーがあるんですが、
たとえばほとんど黒文字を使った文章があって、
でも一部分だけ強調したいところを赤文字にしたりとかする場合、
もちろんプリンターはモノクロ印刷じゃなくカラーになりますよね。

素人のあたしとしては、黒文字のところは基本K(ブラック)インクを使って、
一部の赤のとこだけ、CMYのカラーを混ぜて使うと思ってたんですよね。
でもちょびっとでもカラーの部分があると、すべてにカラーのインクが使用される。
要は、黒インクだけ使ってくれればいいところも、わざわざカラーインクを混ぜて黒色を作るっていう
なんとももったいないインクの使い方をするそうなんですよね。

さらにインクジェットはインクがすぐになくなる。
インク代も高いので、1000枚印刷すると、その間にインクを何度も交換することになる。

レーザーの場合は、インクの事をトナーっていうみたいですが、
トナーは高いんですが、ひとつのトナーで1500枚くらいの印刷はできそうなので、一枚当たりの単価は安くなります。

レーザーのデメリットはトナー代が高いってことと、
他にもドラムをいう部品も、20000枚くらいで交換するみたいなんですが、これがまた高額。

基本消耗品のコストが高いです。
ただ、この本体自体が、12000円台から販売されてるので、正直ドラムの交換のときには、
もう一度本体を買ったほうがいい気がします。

コストに関しては、結局数年後、すべてのトータルで見てどっちが安いのか比べてみないとわかりません。。
カラー印刷とモノクロ印刷では電気代も違うみたいなので。
費用の細かい事は、購入してしまえばあんまり気にならなくなるもので、
プリンターの起動速度や印刷速度にストレスを感じないので、現状は満足しています。
まだ使い始めたばかりですが、自宅でたまにしかプリンター使わないって人なら、
インクジェットのほうがいい場合もあるとは思いますが、
あたしの使い方の場合は、レーザーが適してたと思います。

にしても電気を使う製品は難しい。
家電オタクの知り合いがいれば・・・と切に願う。
うちは結構収納が多いんですが、物も多い。
片づけられない女じゃないけど、なんか捨てられない物ってありますよね?

洋服や靴なんかも捨てられない。
でも最近は2年着てない服は捨てるようにしてます。
でも体型が変わって着られなくなったもので、デザインが気に入ってたり、
高価だったものは捨てられません。いつか痩せたら・・・的な。
でもきっとその頃には、年齢的にそんな露出はできない状態になってるんでしょう。

今回処分したのは、ラグ。

P1030031.jpg

深みのあるグリーンのラグ。2畳分ぐらいの小さめのものなんですが、
購入した当時、一人暮らしだったころ、けっこう数万円した上物で、色もバッチリ自分好みで、
すごくお気に入りのラグだったんです。
同じようなデザインで安いものが、ニトリとかにもあったんですが、
若干のカラーの違いや素材の違いで、肌触りや見た目がやっぱ違う。
若かりし日の自分はずいぶん悩んで購入したという思いがありまして。

たまに犬が病気とかではなく、ゲロしたりする現象があるんですが、
このラグの上では絶対にさせませんでした。というかこのラグの上にはあがらせない。
犬は大好きですが、このラグの上だけは、犬毛も許さないあたしの聖域-サンクチュアリ-でした。

ところが、ある日事件が・・・というより事故が。
その日はもう何があったかわかりませんが、べらぼうに飲みましてね。ワインを。
でもどんなに酔っぱらっても、帰ってきた記憶がなくても、
タクシーに乗ってきちんと自宅に帰り、鍵も閉めてるし、服も着替えてる。
翌日目覚めて、ちゃんとしてる自分を発見して、すごく感心するんです。いつも。
そういう経験から自宅に帰るまでは、一応酔っぱらいなりに、気を張ってる自信はありましてね。

この日ももちろんそういった面はきちんとしてました。
でもね、この日はよっぽど楽しかったんでしょう、べらぼうベロベロだったんですね。
初体験でした。


寝ながら嘔吐。

女としてどうなの?それ以前に人間として大丈夫なの?
だって吐きながら寝てるんですもの。
この頃はまだ、飲むときはあんまり食べなかったので、もうほぼ血を吐いてるかのような惨状。
しばらくまどろみの中に滞在しておりましたが、ふと意識を取り戻し時計を見ると午前2時
そんなに帰宅して時間は経ってない・・・・・ってオエーーーーッ!!!!???

なんじゃこれー!?血?血?
いや・・・臭いが・・・・違う。ワイン・・・。
ラグがぁっ!
あろうことか、あたしのサンクチュアリの片隅が赤いモノでまみれている。
サンクチュアリに機嫌よく寝転がって、酔いを楽しんだんでしょうが、
あたしったら、自らの手で自らのサンクチュアリをけがしてしまったおバカさん。

一通りの自己嫌悪を味わいながら、とにかくラグを洗おうと、立ち上がるとまだフラフラ。
帰宅して小一時間なので当たり前なのだけれど、中途半端に横になったものだから、
よけいに頭がグルグルしてる。でも、サンクチュアリを放置はできない。
風呂場にサンクチュアリ・・・いや、ラグを持ち込み、赤く穢されたところにシャワーをかける。
濡れたラグは重い。 もう正常な思考そのものが酔っぱらいには至難の業。

とにかく穢れを洗い流し、ふと気付くとあたし自身の髪の毛もけがれていた。
ま、寝ながらだし当たり前だけどね。
で、もう限界にヘロヘロだったにも関わらず、シャワーを浴びることに。
そしてあたしは力尽きた。

次に目覚めたのは、頭から真水をぶっかけられてだった。
あろうことか、あたしはバスチェアに座って、シャワーを浴びながら寝ていた。
ガスってね、長時間一定につけっぱなしだと、安全弁が作動してガスが止まるんです。このとき初めて知りました。
よって、あたしは長時間シャワーを出しっぱなしにしてうたせ湯をしながら、座ったまま寝てたわけです。
そして安全弁が作動してガスが止まり、シャワーが水になってビックリして目覚めたということ。

心臓が止まるかと思いました。
しかも季節は冬。
一気に身体が冷えて、でもシャンプーの途中だったのでどうにか流さなきゃいけない。
でもこの時はまさかそんな長時間寝てたのかもわからないし、いきなりお湯が出ないとかどーいうこと!?
このマンション新築やで!?とあせりまくりながら、しかしどうしてもお湯にならないので、
気合いで水で髪をすすいで、震えながら風呂場を出ました。もう寒いのなんの。
朝になってガス会社に電話して事情を理解しましたが、あの夜はもう一人でてんやわんやの夜でした。

そんな人生で一度の恥ずかしい思い出が詰まったラグですが、
やっぱり自分でシャワーで流しただけじゃうまく汚れが取れず、クリーニングに出したんですが、
へんな臭いになって返ってきたんですよね。
で、別のクリーニング店に出したんですが、やっぱり臭いはとれず。

もう敷くこともできないラグを、捨てずに2年ぐらい持ってたんです。邪魔ですよ。アホですよ。

それをついにね、今日粗大ごみが回収していきました。
収納場所もスッキリしましてね、なんでもっと早く捨てなかったんだろうと思ってます。

でもね、今思い出してもあの時のあたしを隠しカメラで撮ってたら、めっちゃ面白かったろうな~と思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。